推しネコ!

うちのこが、なによりかわいいブログ

一緒のお迎え

朔と陸、一緒のお迎えになった理由です。

 

①仲のいい猫が飼いたかった。

猫歴を見ていただければ一目瞭然なのですが、私はことごとく同居猫の顔合わせに失敗しており、過去一緒に飼った猫達は良くて黙認、悪ければ犬猿の仲のまま猫生を終えました。段階を踏まずに後続の子と先住の子をいきなり会わせたことは、今思えば失敗でした。でも仲良し猫さんになるまでに長い時間が必要な場合もありましょう。1ヶ月? 2ヶ月? いえいえ年単位かもしれません。いずれ複数飼うのであれば、最初から仲の良い子の方が仲良くさせるための負担は少ない、と考えたことが理由のひとつです。
兄弟でも、大人になって関係性が悪化する例を見聞きしなかった訳ではありません。でも少しでも可能性の高い仔と一緒に暮らしたいと考えました。

②ひとりにしたくなかった。

私は仕事がありますし、家人も必ず24時間家にいることは不可能な訳で、どうしてもひとりの時間は発生してしまいます。猫はむしろひとりを好む、と言った情報も見かけますが、留守番だけではなく仕事ですごーく疲れて帰ったときに、私が帰ってくる時間を待ちわびて「遊んでくれる!」と喜んで駆け寄ってきた子の期待に、いつも時間を割いてあげられる自信がなかったことも理由のひとつです。

1頭飼いの方がひょっとしたら、より人間(私)になつくかもしれません。そしてなついてくれた方がもちろん嬉しいです。でも「ふーたりのためーせーかいはあるのー(世界は二人のために)」ではありませんが、常時べったり一緒に居られる訳でもなく、例えば雷などで不安なとき、ふたりだったら気持ち的に違うんじゃないかしら、と思いました。

③たくさん遊ばせてあげたかった。

②と多少かぶるかもしれませんが、たびと暮らしたとき、仔猫は元気が有り余っていて幾らでも遊びたいんだな、とは良く思いました。でも忙しいときは限界もあり、我慢させてしまったと感じたことも良くありました。日々を遊べる相手と過ごさせてあげたかったことも理由のひとつです。

 一緒に飼い始めたら老後も同時期で、介護が大変かもしれないとは思います。でも体調不良のタイミングはそれぞれでしょうし、1頭飼いのメリット・デメリットと2頭飼いのメリット・デメリットを比べたときに、私は2頭飼いのメリットの方がより大きいと感じたため、色々迷ったあげく兄弟2頭でのお迎えになりました。

ひとつどうでもいい疑問です。2頭って多頭飼いなのでしょうか。いち、に、いっぱいの私としては、3頭以上が多頭飼いな印象です。でも多頭飼いって言いたーい。

広告を非表示にする